プラセンタの効果

プラセンタ(胎盤)には、豊富な栄養素と数々の薬理作用によりさまざまな働きがある事が確認されています。

薬理作用

プラセンタの効果・効能について

  • 自律神経調整作用(自律神経を調整する)
  • 内分泌調整作用(ホルモンを調整する)
  • 免疫賦活作用(病気に対する抵抗力を高める)
  • 基礎代謝向上作用(基礎代謝を盛んにし、細胞や器官・臓器の働きを活性化させる)
  • 活性酸素除去作用(活性酸素を除去し、酸化を防ぐ)
  • 抗炎症作用(炎症を抑える)
  • 血圧調整作用(血圧を調整する)
  • 創傷回復促進作用(壊れた組織の修復を促進する)
  • 精神安定作用(精神を安定させる)
  • 強肝・解毒作用(肝臓の働きを強化する)
  • 妊婦の乳汁分泌促進作用(妊婦の乳汁分泌を促す)
  • 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える)
  • 体質改善作用(体質の改善を促す)
  • 血行促進作用(血液循環を良くする)
  • 造血作用(血液の生成を促す)
  • 抗突然変異作用(突然変異を抑える)
  • 疲労回復作用(疲労の回復を促す)
  • 食欲増進作用(食欲を促す)

こういった様々な効果が実証されているすばらしい成分です。これらの臨床データを作成された医療関係者・厚生労働省の方に深く感謝いたします。

 



より具体的な領域・疾患

婦人科 更年期障害、月経痛、月経不順、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症など
内科 肝炎、肝硬変症、慢性膵炎、糖尿病、慢性胃炎、胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、気管支喘息、慢性気管支炎、高血圧、低血圧、習慣性便秘、膠原病など
外科 慢性間接リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩など
皮膚科 アトピー性皮膚炎、乾癬、わきが、湿疹、あかぎれ、シミ、ソバカスなど
精神科 自律神経失調症、不眠症など
泌尿器科 前立腺肥大、膀胱炎、痔など
眼科 白内障、アレルギー性結膜炎、視力低下など
耳鼻咽喉科 アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症など
歯科 歯槽膿漏、歯周病など
その他 疲労、冷え性・虚弱体質、病中病後の疲労回復、強壮、強精など

 

このように、プラセンタ(胎盤)から抽出されるエキスは、美容と健康の向上につながる素晴らしい効果・効能が古くから実証されています。大学の研究機関や医療機関、医薬品メーカーは当然注目しております。

 

プラセンタといえば、ホルモンバランスの調整!今から知っておきたい更年期障害

 

プラセンタ注射の副作用は?

 

プラセンタの効果・効能について記事一覧

 

プラセンタ注射は、肝機能障害の治療薬として1960年代から普及しましたが、近年、エイジングケアや美肌を目指す!といったスキンケア用品としても注目されるようになってきました。「アンチエイジング」とは、日本語訳すると「抗老化」・「若返り」ということができます。そもそも「老化」の大きな原因として挙げられるのが、全身の「細胞数の減少・死滅」です。プラセンタには単なる栄養成分だけではなく、細胞の分裂を適切に...

 
 

プラセンタの作用として、「美肌効果」だけではなく、「免疫力の強化」・「血流改善」・「抗炎症作用」も挙げられます。免疫力の強化「免疫力」とは、人間に備わっている「防御力」とも言い換えることができます。体の中に侵入してきたバイ菌やウイルスを体を守る・攻撃する・排除する「防御力」です。その「免疫力」に大きく関わっているのが「サイトカイン」です。「サイトカイン」とは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパ...

 
 

これまで述べた内容だと、プラセンタは美肌効果や生理痛、更年期障害といった、女性にのみ恩恵があるように思われるかもしれませんが、そんなことは全くありません。もちろん健康維持・増進に関しては男女問わず効果が期待できるものですが、女性よりも男性に悩みを抱えた方が多い「薄毛」・「発毛」に関しても、プラセンタは効果が期待できます。